島根県立図書館
 
 
 
県立図書館内で検索

詳細検索

横断検索

 
インフォメーション

レファレンス相談する
調べ物に




 

【平成21年度郷土ミニ展示コーナー】

郷土資料ミニ展示コーナー No.10


「消暑漫筆 正編 十編百冊」 文化五年(1808)成立

「続 消暑漫筆編 五編五十冊、大日本史六十五冊」 文政元年(1818)成立

  松原基編著 

 松原基は松江藩士(〜文政3年没)、儒学者。藩の右筆(文書・記録の役)として膨大な書物を読破し、

  編著しました。

 消暑漫筆正続の収録資料は出雲に関するものだけでなく、古今の名著が収録され、「大石良雄書翰」

 「五十感慨文(自伝)」「松江大橋改造年数」「贈十六島苔五絶」「海国兵談」「藩翰譜」など1500余点に

 及び、広範多岐です。

 また、松江藩初代から天明年間までの藩の政令をまとめた「松江藩国令」を編集しています。

 

 

        

 

参考資料 

「松江藩学芸史の研究」 佐野正巳著 明治書院 1981

「松江市誌」 松江市刊 1941 

「島根県史9(復刻版8)」 島根県刊 

「三百藩家臣人名辞典 5」 新人物往来社刊 1988

「近世藩法資料集成 3」 冨山房 1944

「列士録」松原項

 

郷土資料ミニ展示コーナー No.9    出雲・石見名所歌集 


出雲・石見名所歌集  

 当館に所蔵する出雲・石見の名所を詠み込んだ江戸時代の歌集を紹介します。

 

「出雲国名所歌集 初編」 

 富永芳久編著 嘉永4年(1851)刊

出雲国の名所・旧跡を詠んだ和歌集。作者は出雲の歌人だけでなく、本居宣長や内山真龍の名もみえる。

名所は杵築宮(出雲大社)、三穂社(美保神社)、素我社(須賀神社)等、75ヶ所、和歌は152首。

富永芳久(1813〜1880)は国学者、歌人。出雲北島国造家の社家に生まれ、千家俊信に師事し、国学

を修めた。

著書に「出雲風土記仮名字書」「出雲国名所集」「出雲国五十歌撰」「三十六歌撰」等。

 

「出雲国名所歌集 二編」

  富永芳久編著 嘉永6年(1853)刊

名所は天日()隅宮()(出雲大社)、葦原社(葦原神社)、杵築社等、121ヶ所、和歌は194首。

 

「石見名所方角図解」   1冊                           

香川景隆、大江景憲撰 安永三年(1774)序成立、文化七年(1810)写                          

石見の名所高角山、鴨山等37ヶ所を詠み込んだ和歌を記し、各々の景観図を添えている。

撰者、香川景隆は石見の歌人として著名で、茶道・華道・篆刻等にすぐれた人物であった。

 

   

       

参考文献 

「出雲国名所和歌集 -翻刻と解説-」 芦田耕一、蒲生倫子著 ワン・ライン 平成18年刊

「石見国名所和歌集成」 石見地方未刊資料研究会刊 昭和52年刊

 

郷土資料ミニ展示コーナー No.8 松江藩 落合家武道関係文書  


松江藩 落合家武道関係文書 

『雲藩武道史』には出雲の武道の前史として、すもうの元祖野見宿弥、枕木山麓に生まれたといわれる弁慶、

月山城の英雄山中鹿介があげられています。その後、藩政時代にも松江藩は直信流柔道、不伝流居合、新

当流剣術、一指流管槍、樫原流鍵槍の五つを御流儀として継承してきました。

今回は当館に所蔵する「落合家文書」の中から武道関係文書3点を展示しました。

 

「直信流皆伝免許状」 

直信流は寺田勘右衛門満英(1618〜1674)を開祖とする松江藩の御流儀柔道です。寺田は初代藩主

松平直政に召抱えられ、門弟は数百人、越前(福井)や美作(津山)の松平藩にも及んだといわれます。

井上治部太夫正順は直信流の四代目にあたり、直信流中興の祖と呼ばれています。

井上は気合の達人でもありました。

   

「不伝流剣術伝書」

不伝流は伊藤長太夫次春がおこした松江藩の御流儀居合です。浅山内蔵入道一伝(一伝流)の門弟となり、

後に不伝流をおこしました。正徳年間(1711〜1715)に松江藩に召抱えられ、松江藩不伝流剣術師範と

なりました。

 

「一気流砲術皆伝免許状」

一気流はもと木戸流といい、荒木理外氏光を流祖としました。仙石猪右衛門を経て荒川扇平に伝わりま

した。

松江藩における砲術では一番六番小屋が定められていましたが、一気流は玉方(鉛製の円丸を使用)とし

て四番小屋を称していました。

 

      

 

参考文献 「雲藩武道史」福田明正著 松江今井書店 昭和40年刊

       「島根県剣道概史」福田明正著刊 昭和59年刊

       「雲藩職制」歴史図書社 正井儀之丞 昭和54年刊

       「武術浅山一伝流」小佐野淳著 愛隆堂 平成2年刊

              「松江地区柔道連盟六十周年記念誌」平成20年刊

 

郷土資料ミニ展示コーナー No.7  「養法院実筆和歌集」 


 

 「養法院実筆和歌集」 1巻

  元禄13(1700) 養法院書写 

          

養法院 [ 寛永8年(1631)〜宝永4(1707)] は松江藩2代藩主松平綱隆の側室。父は初代直政に右筆と

して仕えた平賀半助、弟は綱隆代の国家老として二千石を給された平賀縫殿。

綱隆の没後は養法院と名乗り春日村で余生を送ったといわれるが、弟の失脚後は寂しい晩年であったという。 

わが子吉透は松江藩4代藩主となったが僅か一年余で急逝した。77歳で没。武家の女性として知性と教養

にあふれ、特に流麗な筆跡の能書家であったといわれる。

本史料は巻子本に仕立てられており、1月から12月までの和歌12種掲載。奥書より養法院70歳の時の

書写と思われる。

 

 卯月

 卯のはな垣ね雪はつかしく、又めつらしき詠めに候 心は

   えんにふれてうつるならい、爰ををもひかしこにうつり

   しはらくもやむ時なく候

 一声を聞きひめて社郭公 鳴に夜ふかき夢は さめけり

 

 

参考文献

「島根県大百科事典」 

「島根県立図書館『養法院実筆和歌集』」について」山崎真克著 

 「雲陽誌」「雲陽秘事紀」